スワップ派 複利

スワップ金利

スワップ複利


獲得の為のサイト「スワップ派の複利

sitemap
スワップとは? スワップ派業者比較 スワップ派心構え スワップ派投資法 information

FX デイトレ手数料くりっく業界最安値!「FXメジャーズ」 CMS


スワップ派業者

選び方のポイント

複利運用

税金対策

FX業者比較@

FX業者比較A

FX業者比較B

スワップ金利派スワップ派業者複利運用

複利運用




ここでスワップ派が為替差益を狙う過程で、高い利回りを維持する方法ご説明します。

複利という言葉はご存知でしょうか?

投資の知識がある方はご存知だと思いますが、意外にその威力をご存知無い方も多いと思います。



まず複利を理解する為に対義語の「単利」を覚えて下さい。

■ 単位の例

100万円の元本に年利が20%


1年目 100万円×0.2(20%)=20万円の利子

2年目 100万円×0.2(20%)=20万円の利子



上記の様に元本に対してのみ利子がつくので、毎年同じ割合で毎年20万円増加します。

年数 金額
1年後 120万円
2年後 140万円
3年後 160万円

4年後

180万円
5年後 200万円
6年後 220万円
7年後 240万円
8年後 260万円
9年後 280万円
10年後 300万円



N 年後の金額を求めるには

           利回り(%)
(元の金額)×( ―――― × N +1){円}
            100
となります 。



それに対し複利とは、元本と前についた利子をあわせた金額に利子がつくことです。

スポンサードリンク


■ 複利の例

100万円の元本に年利が20%とする。


1年目 100万円×0.2(20%)=20万円の利子 合計120万

2年目は その120万に対して20%の利子がつく

2年目 120万円×0.2(20%)=24万円の利子 合計144万


その後も同様の計算方式


年数 金額
1年後 120万円
2年後 144万円
3年後 172万円

4年後

207万円
5年後 248万円
6年後 298万円
7年後 358万円
8年後 429万円
9年後 515万円
10年後 619万円


N 年後の金額を求めるには

           利回り(%)     N

(元の金額)×( ―――― + 1) {円}

            100

となります 。



二つの利回りを比べると差は歴然です。

当初はあまり変わりませんが、10年後の金額は倍違います。


スワップを中心に運用することによって得られるスワップを再投資つまり「複利」で運用すれば一気に利回りを加速させることが可能です。

スワップポイントが口座に反映されるFX業者されないFX業者があります。

スワップ派の運用は必ず後者のFX業者を選んで下さい。

そうしないと複利で運用することが出来ません。


次に「税金対策」についてご説明します。

スポンサードリンク

⇒税金対策
スワップ金利