スワップ派 税金

スワップ金利

スワップ金利


獲得の為のサイト「スワップ派の税金

sitemap
スワップとは? スワップ業者選び スワップ心構え スワップ投資法 information

FX デイトレ手数料くりっく業界最安値!「FXメジャーズ」 CMS


スワップ派業者

選び方のポイント

複利運用

税金対策

FX業者比較@

FX業者比較A

FX業者比較B

スワップ金利派スワップ派業者 税金対策

税金対策



スワップ派が利益を上げている人は必ず行うことがあります。 それは、税金対策です。


確定申告をしないと何年間か継続して利益を出している投資家には税務調査が入ります。
平成19年の税務法律の改正で税務当局が為替の損益情報を入手しや すくなりその可能性はさらに高まりました。

スワップ派で利益を上げた場合は必ず確定申告と税金対策をして下さい。
確定申告をしないと後で大変なことになる可能性があります。

ちなみに確定申告は利益が20万を超えた場合に必要になります。


スワップ派税金についてと税金対策についてご説明します。


まずスワップ派税金についてです。

最初にFXでの利益は


■ スワップ金利

■  売買差益


上記2点があります。

これらは全て雑所得として扱われます。

雑所得は他の所得との損益通算や損失の繰延べができません。

つまり、去年の損失は今年の利益の補填にはあてられませんが、同じ年の雑所得であれば、全て通算できます。

スポンサードリンク


雑所得は総合課税の対象になるため、 他の所得によっても税率が違います。

税率はこちらの表をご確認下さい。


■税率(所得税+都道府県民税+市町村民税)

合計所得金額 税率
200万円以下 15%
200万円〜330万円以下 20%
330万円〜700万円以下 30%

700万円〜900万円以下

33%
900万円〜1,800万円以下 43%
1,800万円以上 50%



税金対策の方法は業者によって変わります。まず業者ごとに大別すると


@  「スワップ金利」「売買差益」ともに決済時に口座に反映する業者

A  「スワップ金利」「売買差益」ともに毎日口座に反映する業者

B  「スワップ金利」は毎日反映され「売買差益」は決済時に口座に反映される業者


確定申告は口座に利益が反映された年に必要になります。

税金面を考慮する場合必ずBを選択します。


実は税金対策だけを考慮すると@のFX業者が1番有利です。

理由は都合のいい年まで利益をプールさせ損益を調整することが可能なだからです。

しかし、スワップ金利が口座に反映されないと追加投資を行うことができず「複利運用」のメリットが無くなってし まいます。

つまり、スワップ狙いと税金対策を考慮するとBのFX業者が1番有利なのです。


税金対策の方法は雑所得で損失を出した年に、利益が出ている 口座を一旦決済し、ポジションを持ち直すことで利益を調整できます。


これは口座を一旦決済してますので脱税にはあたりません。


1年の終わりに損益が、調整できるか確認して下さい。


では、これらの条件をクリアし実際に筆者も利用している「おすすめFX業者」をいくつかご紹介します。

スポンサードリンク

⇒おすすめFX業者@
スワップ金利