スワップ派 投資法 レバレッジ

スワップ金利

スワップ派


の為のサイト「スワップ派のレバレッジ

sitemap
スワップとは? スワップ派業者選び スワップ派心構え スワップ派投資法 information

FX デイトレ手数料くりっく業界最安値!「FXメジャーズ」 CMS


スワップ投資法

買いのタイミング


売りのタイミング


損切り


レバレッジ


購入時の注意点


購入後の注意点


通貨の選び方


分散投資

スワップ金利派スワップ投資法 レバレッジ

レバレッジ



元は「てこの原理」という意味からきているもので、レバレッジ10倍というのは証拠金の10倍までの資金を運用できるということになります。

投資においてレバレッジを高くするということはリターンは上がりますが同時にリスクも上がることになります。



スワップ投資法の場合必ずレバレッジは5倍以下として下さい。

5倍より上のレバレッジは、暴落などが起きてしまった場合に、資金が全て吹き飛んでしまう危険性があり、最悪の場合投資資産を全て失います。


1倍    
3倍 27%
5倍 16%
10倍 8%
20倍 4%



上記の左はレバレッジの倍数、右は倍数に対するロスカットのポイントです。( 業者によって差があります )

ロスカットとはレバレッジをかけてポジションをもった時に相場が下落し、証拠金で補えなくなった場合に強制的に決済されることを言います。

これは証拠金が全て吹き飛ぶことを意味しますので絶対に避けたいことです。

スポンサードリンク


表を確認すると分かりますが、10倍のレバレッジ投資をした場合、レートが8%下落した時点でロスカットが行われ資金が全て無くなります。


ここ数年の円/ドルの変動率を見ると、変動率は20%程度となっていますので、レバレッジ5倍で運用していれば、最高値で購入でなければ相当な暴落が起きない限りロスカットされる心配はありません。


つまり、スワップ狙いの投資法では、長期で通貨を運用しますので、レバレッジは5倍以下とするのが基本となります。

スポンサードリンク

⇒購入時の注意点
スワップ投資法