スワップ派 投資法 通貨

スワップ金利

スワップ派


の為のサイト「スワップ派の通貨選び

sitemap
スワップとは? スワップ派業者選び スワップ派心構え スワップ派投資法 information

FX デイトレ手数料くりっく業界最安値!「FXメジャーズ」 CMS


スワップ投資法

買いのタイミング


売りのタイミング


損切り


レバレッジ


購入時の注意点


購入後の注意点


通貨の選び方


分散投資

スワップ金利派スワップ投資法 通貨の選び方

通貨の選び方



筆者のスワップ投資法での通貨の選び方をご説明します。



基準は大きく4点です。

スワップ狙いでの通貨の選び方では、最低でも以下4点を3つ以上クリアしている通貨で行うのが理想です。



 @ 国債格付けが高い通貨

 A 小国ではない国の通貨

 B 高金利政策をしている国の通貨

 C 資源が豊富な国の通貨





@の国債格付けは国の安定度を指します。

最新のムーディーズ格付け一覧を確認し、日本より格付けが高い国を選びます。

一般的に格付けが低いと金利は上がります。

日本より格付け方が高く金利が高い国は、いずれ円安による為替差益も狙えますので選択肢としてよいといえます。



A はカントリーリスクを下げる為に確認します。

小国はレートの変動率の高くなりやすいので、ロスカットの危険が高まります。
よって スワップ投資に向きません。

国の経済規模でその基準を見ることができます。小さな国は変動率も荒くなりやすいのです。

スポンサードリンク


Bの様に長期間高金利政策をしている国がスワップ派通貨に適しています。

高金利の国は一時的なものが多く長期で高金利の国は多くはありません。

特に過去にインフレを経験している国が一番適しています。



Cは「原油・金・農産物などの資源を持っているか」ということです。

こういった国は度々高等する場合がありますので、安値でポジションを持つこと ができれば為替差益を狙える可能性が高いです。

現在の資源国の全盛期はしばらく続くと思われます 常に不安定な時代の資産は自然に資源国に集まるのです。




主要な通貨は、これらの基準は大体充たしていますので、特に気にする必要はないかもしれませんが、今後スワップ投資を行う際の通貨選びの判断基準にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

⇒分散投資
スワップ投資法